前へ
次へ

素材を活かすイタリアン芸術的見た目も大切なフレンチ

美味しい食事を提供するために働くキッチンスタッフは、お客さんの注文に応えて、最高のイタリアンやフレンチを作ります。
どちらも西洋の料理という考えで間違いではありませんが、使う基本の食材や調理などに違いがあるため、オーダーに応じて調理などを飼えるのもキッチンスタッフの仕事です。
濃厚な香りとコクのあるうまみを引き出すバターを使うのはフレンチで、オリーブオイルはイタリアンの調理の際に惜しみなく使います。
炒め物の時だけにオリーブオイルを加えるだけではなく、サラダ用のドレッシングで使ったり、焼き物料理や蒸し料理の際にも使うほど、イタリア料理にオリーブオイルは欠かせません。
バターを使うのはフレンチの方ですが、フランスは酪農が盛んな国であり、生クリームやバターなどの乳製品は、日頃の食事でも愛するべき食材です。
ソースにも違いがありイタリアンは食材の旨味を活かしますが、フランス料理は芸術的なソースや飾りつけなども優先します。

Page Top